発表資料

東京湾と災害について – 東日本大震災などの教訓から-


概説

2014年3月24日(月)に開催された海上医療拠点の実現と災害医療の未来を考える勉強会における発表資料。大規模災害時におけるDMATの課題に関して、主に時間的なスパンと後方支援の面から述べている。

基本情報

発表者 有賀 徹
(昭和大学病院 病院長 )
ページ数5 ページ
情報更新日2014/04/04

 

v