発表資料

災害時に人命を救う 病院船の実現に向けて 砂田向壱●(公社)モバイル・ホスピタル・インターナショナル理事長


概説

災害時多目的船とは 四方を海に囲まれた日本は、古くから海洋国家として、海と密接な関わりをもって発展してきた。 四季が織りなす美しい列島である一方、台風、豪雨・土砂災害、河川氾濫に大洪水、高潮災害、 加えて火山噴火災害から地震・津波災害等、ありとあらゆる自然災害が発生する災害大国でもある。 災害時に国民を大規模かつ安全に避難させるには、海上からのアプローチの有用性は軽視でき ない。阪神淡路大震災以降の20 数年間、さまざまな病院船の議論や論文が登場した。東京五 輪を控えた今こそ、災害の多い日本にしかない「船舶を活用した医療提供体制」が求められている。

目次

災害時多目的船とは
米海軍病院船マーシーの寄港
各国で活躍している病院船
必ず来る災害に備えて

基本情報

発表者 砂田向壱
(公益社団法人モバイル・ホスピタル・インターナショナル )
ページ数4 ページ
情報更新日2019/10/18

 

v